ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10極限攻略ブログ!

*

玄人向けの物理構成でピラミッド第9霊廟

      2015/04/13

 - ボス攻略

ピラミッド第9霊廟に挑むパーティ構成の紹介です。

スポンサーリンク

※お断り この記事は3月16日に書いたのですが公開するのを忘れてました。勿体ないのでアップしました。
今回紹介するのはバト、バト、バト、僧侶の構成。
前にブログで紹介した通り、ピラ9の敵のほとんどは属性攻撃に耐性があるため、ダメージを与えるスピードで言えば物理攻撃が最強です。ですが、簡単ではありません

この構成のメリット

  • 無属性攻撃はダメージが軽減されないので、しかもそれが3人もいるため、呪文構成より素早く敵を倒せる
  • ハンマーも持てるため、スタンショットやキャンセルショットで仲間呼びの妨害も可能
  • 魔法使いよりHPが高いため、ファラオ・カーメンの強力な一撃に耐えることも

この構成のデメリット

  • 近接攻撃をしていると、ゴールドシャワーやジゴスパークといった敵の範囲攻撃を避けにくい
  • 僧侶の手が足りない場合、世界樹の葉に頼る必要がある
  • 敵に呪文封印や攻撃力低下などの補助をかけられない
  • MP回復手段が聖水しかない

大まかな戦略

基本的に、バト3人がすてみで攻撃力を上げ、全ての敵を天下無双で倒していきます。1人がハンマーを常備し、敵の厄介な行動をキャンセル。最後のファラオ・カーメン戦では他のバトも、スタンショットのたまった人がハンマーに持ち替えるという形でもいいでしょう。

僧侶は基本的にずっと回復し続けることになりますが、余裕があれば聖女の他に、スクルトを使ってすてみで下がった守備力を補います。

各論

まずはすてみからの天下無双3発で使い魔を撃破。続いて天下無双+あと一撃程度でファラオ・デスも撃破。この構成にはマホカンタは関係ありません。

次はHPの低いガル、ゴル、エレフの順に狙うのがいいでしょう。やがて近づいてくるゴレムのスーパーハイテンション打撃は、ロストアタック3発で防ぐか、さもなくば僧侶は聖女の守りを付けておくこと。

ファラオ・ナジャジゴデインバイキルトは、唱えられても全滅の危機には至りませんが、僧侶の手があかず補助を配り切れません。キャンセルショットで楽に防げるので防ぐと良いでしょう。

ファラオ・ラーも、仲間呼びはキャンセルショットで妨害可能。スタンショットはまだ使わず取っておきましょう。敵は強くないですが、ゆっくりしていると打撃完全ガードをされ、なすすべがなくなる点には注意。

ファラオ・ヘッドも仲間呼びをしてきますが、こちらは呼んだ次の瞬間に両手が来るので、キャンセルショットではおそらく防げません。そこで、ヘッドが出たらすぐにスタンショット。大体バトの天下無双6回でHPが黄色になって怒るので、一撃与えた後は一拍呼吸を置いて、起き上がったところを殴って怒らせましょう。怒っていると仲間呼びをしてこないので、後は怒られた人が仲間をにして逃げ、敵が仲間呼びをできない間に倒しましょう。

ニビスとヘルマは、この構成では注意が必要。2匹とも「自分を中心とした範囲攻撃」を行ってきますので、バトは攻撃した後すぐに敵から離れる必要があります。それだけでなく、自分の攻撃中に範囲攻撃が来ないよう、敵の行動後に攻撃する必要があります。なお、ゴールドシャワーとはげしいおたけびどちらもキャンセルショットは間に合いません。

なお、ヘルマはゴールドシャワーの有効圏内にこちらの誰かがいないと、技を使ってこないようです。そのため、わざと1人が有効圏内ギリギリに入り、敵がゴールドシャワーを使ったらすぐ逃げる、とすると敵の無駄行動を誘発でき、敵の攻撃が2連続攻撃になることも防げます。(詳細は機会があれば別途紹介します)

カーメン戦

実は天下無双は消費MPが8(メラゾーマは12、マヒャデドスは24)と燃費は良く、魔法の聖水が必須と言えどMP回復自体はそこまで苦ではありません。ヘルマ戦のラストでMPを回復しておけば、カーメン戦を有利に運べます。ここ以外で安心してMPを回復できるのは、5層のナジャか6層でルドラを呼ばれてしまった後くらいです。

さて、カーメン戦ではハンマーが重要。スタンショットで相手の動きを止め、キャンセルショットファラオの召喚を妨害します。妨害成功率は100%ではありませんし、タイミングが間に合わずに失敗することもあるので、その場合はすぐに呼ばれたザコを両手剣バトが倒しに行きます。他の人もスタンショットが溜まったら使うと良いでしょう。召喚されてしまった時のためにスタンショットを取っておくのでも良いです。換装→スタン→換装、をやっていると自分は他に何もする暇がありませんが、他の3人がフリーに行動でき、とくに僧侶が聖女などの補助を使えるのが大きいです。また、スタンしていれば敵が召喚を使えないというのも魅力的です。常時ハンマー装備でも良いのですが、それだと敵の行動に対して全員でキャンセルショットをしてしまうなど、効率が落ちる可能性があるので、「ハンマー役」は1人か2人にしておくのが良さそうです。

なお、ファラオの召喚以外の技もキャンセルしたくなってしまいますが、死者が出ない技はキャンセルしない方が有利です。基本的に全部スルーした方が良さそうですが、太陽神の鉄槌は即死ガードが無いと死ぬ可能性があるので、複数人が範囲にいると感じたらキャンセルを狙ってみても良いかも知れません。

死者が出た場合、バトが世界樹の葉を使うと立て直せる場合がありますが、それによって敵の範囲攻撃を避けれず死ぬのでは意味がありません。また、僧侶のザオラルとかぶるのももったいないです。ケチらないことが重要ですが、出しゃばりすぎない事もまた重要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

キングヒドラ強の鉄板構成

キングヒドラ強にまだ挑んでいない人はぜひ

暗黒の魔人はバト2僧侶2が安全

暗黒の魔人をバト2僧侶2で倒します。基本的な情報は暗黒の魔人攻略(極限)をご覧く …

no image
今週の達人クエスト:ラズバーン魔使4は運次第

今週の達人クエストは、報酬5個のお題が2つ!好きな方を選べるから楽なのでは…?と …

輪王ザルトラは踊3旅1で余裕(上級者向け)

前に踊り・踊り・旅芸・僧侶構成を紹介しましたが、今回はより攻撃的な構成。慣れてき …

ダークキング:道具使いの立ち回り

ダークキング戦で道具使いをやってきました。こんな感じでやると良さそうというのをま …