ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略の最新情報ブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

玄人向けの物理構成でピラミッド第9霊廟

      2015/04/13

 - ボス攻略


ピラミッド第9霊廟に挑むパーティ構成の紹介です。

※お断り この記事は3月16日に書いたのですが公開するのを忘れてました。勿体ないのでアップしました。
今回紹介するのはバト、バト、バト、僧侶の構成。
前にブログで紹介した通り、ピラ9の敵のほとんどは属性攻撃に耐性があるため、ダメージを与えるスピードで言えば物理攻撃が最強です。ですが、簡単ではありません

この構成のメリット

  • 無属性攻撃はダメージが軽減されないので、しかもそれが3人もいるため、呪文構成より素早く敵を倒せる
  • ハンマーも持てるため、スタンショットやキャンセルショットで仲間呼びの妨害も可能
  • 魔法使いよりHPが高いため、ファラオ・カーメンの強力な一撃に耐えることも

この構成のデメリット

  • 近接攻撃をしていると、ゴールドシャワーやジゴスパークといった敵の範囲攻撃を避けにくい
  • 僧侶の手が足りない場合、世界樹の葉に頼る必要がある
  • 敵に呪文封印や攻撃力低下などの補助をかけられない
  • MP回復手段が聖水しかない

大まかな戦略

基本的に、バト3人がすてみで攻撃力を上げ、全ての敵を天下無双で倒していきます。1人がハンマーを常備し、敵の厄介な行動をキャンセル。最後のファラオ・カーメン戦では他のバトも、スタンショットのたまった人がハンマーに持ち替えるという形でもいいでしょう。

僧侶は基本的にずっと回復し続けることになりますが、余裕があれば聖女の他に、スクルトを使ってすてみで下がった守備力を補います。

各論

まずはすてみからの天下無双3発で使い魔を撃破。続いて天下無双+あと一撃程度でファラオ・デスも撃破。この構成にはマホカンタは関係ありません。

次はHPの低いガル、ゴル、エレフの順に狙うのがいいでしょう。やがて近づいてくるゴレムのスーパーハイテンション打撃は、ロストアタック3発で防ぐか、さもなくば僧侶は聖女の守りを付けておくこと。

ファラオ・ナジャジゴデインバイキルトは、唱えられても全滅の危機には至りませんが、僧侶の手があかず補助を配り切れません。キャンセルショットで楽に防げるので防ぐと良いでしょう。

スポンサーリンク


コメントを書く