ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略の最新情報ブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

四獄が変わった邪神の宮殿の解説

   

 - その他

新しいツイッターアカウントはこちら!

ツイッターアカウントを作り直したので、情報拡散のために1日1回ブログランキングをクリック(=投票)してもらえるとありがたいです!↓↓↓


今回から、邪神の宮殿の四獄が変わりました。

邪神の宮殿四獄の討伐条件

これまでの邪神四獄の討伐条件は「占い師限定」でした。しかし今後は、二獄や三獄のように毎回条件が変わります!

ちなみに今期は職業が5つから選べます。毎回職業が指定なのか、それとも武器指定の時もあるのかはまだ不明です。


今期の邪神四獄

今期に関して言えば、四獄はとてつもなく簡単です。

なぜなら占い師と他の職から選べるので昔の四獄の条件より緩くなっている上に、昔の四獄と違ってアイテム禁止の条件が無いためです。それどころか入場時にはっぱ・しずくなどが配布されます。

なのでまあ最悪占い師で入ればなんとかなりますし、戦士や僧侶などの強力な職業も入れてしまいます。今期に関して言えば、職業面で一獄並みに簡単で、さらにアイテムが使えるので、一獄よりも簡単な条件となっています。

四獄対策

占い師の星のタロットや、旅芸人・盗賊の短剣とくぎ「スリープダガー」で、冥宰相を眠らせてしまうという倒し方が楽でしょう。バイキルトを掛ける手段は占い師の力のタロットと旅芸人のたたかいのビート・風斬りの舞があるので、火力も問題なさそうです。さらに戦士の真やいばくだきチャージタックル、盗賊のクモノやサプライズラッシュで敵の攻撃力を削げます。

ちなみに僕は普段通り僧侶で入りました。ベホマラーで回復しつつ、聖女の守りで味方を覇道の閃撃による一撃死から守って行きました。

四獄は周回にも適している

四獄は一獄よりも、いわゆる「周回」(何度も連戦すること)に適しているかもしれません。入場時に毎回アイテムが配布されるので、どんな職業構成になっても安定しやすいはず。火力を重視していきたいですね。



関連記事


コメントを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.