ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10極限攻略ブログ!

*

ブローチ・アンクの合成、Lv8まで待った方が良い理由とは

   

 - 装備

入手が大変なだけに迷う問題ですよね

スポンサーリンク

ブローチやアンクはいつ合成する?

アクセの合成はリーネの合成レベルが上がってからにしよう、と思っている人も多いはず。特に入手が困難なブローチやアンクは、合成レベルを上げて、良い結果が付く確率を上げてから挑みたいですよね。

でも実際にレベルが最大になるのは何年後ですか?本当に最大になるんですか?

今日は、いつになったら合成しようか迷っている人のために、合成レベル上昇によって最大値の付く確率が実際にどれくらい上がるか紹介します。

お断り

・全てのアクセで最も良い効果の確率が5%である保証はありません。あくまで例です。
・ラッキー合成と会心の合成は同時に出る可能性があるとして計算しています。誤差ですが。
・アクセルギア、海魔の眼甲、忠誠のチョーカーなど合成経験値の高いアクセの「理論値」を作るならレベルはかなり上がるので、そういうのをやらない人が対象です。

合成レベルによる効果

合成レベルが上がることで、ラッキー合成会心の合成の出る確率が上がっていきます(参考:アクセサリ合成レベル(極限))。まずは、仮に最も良い合成効果が付く確率を5%とした場合に、合成レベル上昇によってその確率がどれくらい上がるかを考えましょう。

ラッキー合成が出ると「もう1回」の効果。ラッキー合成の確率をxとすれば、合成機会が1/(1-x)に増えるので、最大値が付く確率は1/(1-x)×5%になります。

会心の合成が出ると問答無用で最大値が付く効果。会心の合成の確率をyとすれば、最大値が付く確率は5+y%となります。

以上を使って計算すると、最大値の付く確率が5%のアクセ合成で最大値が付く確率は、以下のようになります。

レベルごとの合成確率

最初は5%だった確率が、レベル上昇に伴って向上し、Lv19では6.38%まで上昇しました(Lv20は合成手数料が安くなるだけ)。結構な違いですよね。Lv1で5回合成するよりLv19で4回合成した方が確率が高いです

考察

前述の表を踏まえ、合成レベルと最大値の付く確率のグラフを作成。

合成レベルと確率

レベルが上がるごとに確率が上がっていくのが分かります。見るからに、合成レベルを上げたくなるグラフです。

しかしこのグラフは若干アンフェアであると考えます。理由は、合成レベルは後半になるほど上がりにくくなるからです。そこで次に、合成経験値と確率のグラフを作ってみます。

合成経験値と合成確率

現実的なグラフが出来上がりました。後半ほど確率は上がりますが、そこまでの道のりは遠いのです。

なお、確率が大きく変わる点を赤で表示しましたが、これは会心の合成確率がアップするLv5,8,14,17に該当します。

黄色矢印を付けた所に注目。ここで一気に確率が上がり、その後しばらくはあまり上がりません。ここは経験値2800(Lv8)という比較的楽に到達できる所で、確率は5.71%です。Lv5は経験値1000なので、2800は無理という方はそちらも狙い目。ちなみにアクセごとの獲得経験値はアクセサリ合成経験値(極限)をご覧ください。

冒頭にも書いた通り、合成レベルが上がる予定がある人は、上げればよいと思います。ただ、そうでない人は、とりあえずLv8あたりから合成を始めてしまっても良いのではないでしょうか。アクセの「完成」を目指すのか、とりあえず合成していち早くステータスを上げるのか、迷っている人は今回のデータを基に考えてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

属性耐性14%の皮の盾はこうして作られる(多分)

狙ってないのに自分で作ってしまって驚きました。

no image
店売り装備品の調査

プレイヤーが職人仕事で作った装備品ではなく、NPCが武器屋などで売っている装備品 …

最大HPを上げよう―地獄の胸アクセ編

HPアップ装備の中では胸アクセが最も大変です。

合成エナジーの上限は30

Ver3.0開始前の事前情報です

アルミラージの転生からめざましリング30分で10個

奇跡のプチ香水を4人で使っての分散狩りで、アルミラージの転生「ゴールデンコーン」 …