ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10極限攻略ブログ!

*

特技・宝珠・武器特攻の詳細計算式

   

 - 戦闘の仕組み

今日は上級者の方向けの記事になります。

特技と宝珠と武器の効果が重複した場合の計算方法を調査。宝珠が実装されてから全然この手の調査ができてなかったのですが、ようやくできました。

元々はサブにハンマーを買おうと思って、「あれ、バレットハンマーの物質系+10%ってドラムクラッシュに乗るのかな」と思ったのがきっかけ。従って今回はドラムクラッシュを使って相乗効果を調べました。

ドラムクラッシュの効果

ドラムクラッシュは、物質系に対して通常攻撃の1.5倍+5ダメージを与えるという技。言い換えると通常攻撃の150%+5となります。以後の計算は、この「150%+5」をベースに進めていきます。

ドラムクラッシュの宝珠の効果

ドラムクラッシュの宝珠はLv1ごとに威力が25%アップし、最大で+125%となります。

しかし単純に1.25倍になるわけではありません。ドラムクラッシュの効果は元々物質系に150%+5でしたが、そこへの加算となります。

具体的には、150%+5+125%ダメージ、つまり275%+5ダメージです。

各宝珠レベルごとのドラムクラッシュの威力変化は以下の通りとなります。

特技と宝珠の計算式1

バレットハンマーの効果

バレットハンマーによる「物質系に+10%」は、宝珠の計算には掛かりません。それどころか、ドラムクラッシュにも掛かりません。通常攻撃をした場合のダメージの10%ぶんが上乗せされるのみ

先ほど宝珠の効果を加味したドラムクラッシュの威力は275%+5でしたが、ここにバレットハンマーの+10%が加算されると、ダメージは

275%+5+10%ダメージ、すなわち285%+5ダメージとなります。

先ほどの表に付けたすと、以下のようになります。

特技と宝珠の計算式2 2.75倍が2.85倍になるというのは実質2.85÷2.75=1.036倍ですから、ダメージは3.6%上がるのみ。これは全く必要ないですね。

まとめ

宝珠の効果は乗算ではなく加算、武器の特攻も乗算ではなく加算。バレットハンマーの物質系+10%は、ドラムクラッシュを使う限りにおいては3.6%程度の効果しか得られませんでした。

これなら魔炎のおおづちで弱点を突く方がいいですね(全属性に耐性のある敵を除く)。

ちなみにVer3.0の時の調査の話を追記しておきますと、右手ハンマーと左手片手剣の二刀流でドラムクラッシュをした場合片手剣にはドラムクラッシュによる150%+5は乗りますが、宝珠による+125%は乗らない、という仕様になっていました。

なお蛇足にはなりますが、ドラムクラッシュの2.75倍+5は天下無双の0.5倍×6回より弱いように見えますが、ハンマー二刀流の場合は左手の攻撃も2.75倍+5になるのでドラムクラッシュの方が強いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
下方修正!どうなるぼくらのミラクルもろば

5月27日から、ミラクルもろばの計算方法が変わります。

こんなに違う!フォースブレイクとアンルシアの耐性ダウン攻撃

敵の耐性を下げる2つの方法。成功すると同じマークが付きますが、効果は違いました。

no image
強化ガジェットとドラゴンスラッシュの相性がおそろしく悪い

道具使いの必殺技「強化ガジェット零式」の効果は「ダメージを2倍にする」というもの …

宝珠と魔力覚醒の相乗効果とギラ系呪文ダメージ計算式

調査結果をまとめます。

魔塔で敵を100%避ける方法!

前回の記事新不思議の魔塔サポ攻略!1時間で19階到達で、不思議の魔塔はザコ敵から …