ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略の最新情報ブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

ドラムクラッシュの細かい計算式

      2016/02/13

 - 戦闘の仕組み


暗黒の魔人で注目されているドラムクラッシュの詳しい計算式を調べておきました。前に調べた以下の情報も今回再掲し、新たに属性に関する情報を追加します。

特技・宝珠・武器特攻の詳細計算式 (ドラムクラッシュと宝珠・バレットハンマーの関係)
宝珠の正確なダメージ加算効果 (ダメージ加算効果の一般式と具体例)

ドラムクラッシュの基礎効果

ドラムクラッシュは、物質系の敵に通常の150%+5のダメージを与えるという技。


つまり通常の1.5倍+5のダメージを与えます。

ドラムクラッシュ宝珠の効果

宝珠Lv5の効果は+125%。上記「150%+5」と合わせて275%+5ダメージとなります。

ドラムクラッシュを使う際には宝珠を装備すべきなので、次項からはこの275%+5ダメージを元にダメージを計算していきます。

物質系+○%

バレットハンマーは物質系にダメージ+10%の効果があります。ドラクラ宝珠Lv5でバレットハンマーを装備すると、いずれも物質系ボーナスなので単純に足し算され、275+10で285%+5ダメージ

属性+○%

魔炎のおおづちには炎属性と闇属性が付いています。そのため、魔炎のおおづちを装備してドラムクラッシュのような無属性の特技を放つと炎・闇属性の特技となるため、「闇の特技の攻撃ダメージ+10%」のベルトを装備すれば、物質系ボーナスとは別計算で10%が加算されます。

ドラクラ宝珠Lv5で魔炎のおおづちと闇+10%ベルトを装備すると、275%×1.1+5=302.5%+5ダメージです。

※追記:複数の属性を持つ攻撃手段で攻撃した場合は最もダメージの大きい属性で計算するので、(敵が炎属性・闇属性とも1.0倍なら)炎ベルトを付けずに闇ベルトだけ付けた場合は、ダメージの大きい闇属性でダメージを計算します。

参考:フォースの仕組み

スポンサーリンク


コメントを書く