ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略の最新情報ブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

雑感:160~180スキル実装後の世界を考える

   

 - アプデ情報


本日、160~180スキルの概要が紹介されました。

システムの紹介各特技の紹介については例によって極限を見て頂けたらと思うわけですけども、ここではそれらの実装後どのような感じになるかを考えて行きたいと思います。

武神の護法による戦士の不要化

槍スキル「武神の護法」は敵1匹に大ダメージ+敵の攻撃力ダウン効果(真やいばくだきの効果)+一定時間武器ガード率アップの効果。

武神の護法

戦士の真やいばくだきと同じ効果が槍でも得られるようになります。どんなパーティにも入っている僧侶も槍を持ててしまうから大きいですよね。パラディンでも使えるので、ハンマー+盾ではなくヤリ装備で押し勝ちできるよう調整したら強そうです。


注目点は、真やいばくだきの利点である「1回目は開幕0秒ですぐ使える」という点が武神の護法にも適用されるかどうか。ここがないと、初回チャージまでを耐えるために結局戦士が必要になります。その場合、初回を戦士が担当し、真やいばの効果が30秒で切れた時に次の延長の一撃を槍で入れる感じになるでしょう。ちょうど戦士のチャージタックルがチャージするので、それを使えば僧侶が武神の護法を使う機会を得られそう。あ、それもそれでいいですね。

ホップスティックはサポでのボス討伐に追い風

ジャンプして避ける系の特技を1回避けられるというスティック技。

活命の杖

これまでサポ連れで倒しにくかったバラモス等を倒しやすくなります。サポではネクロゴンドの波動を誰も避けてくれませんでしたからね。聖女の守りを4回かけるよりは楽です。サポが使ってくれることにも期待。

いっぽう人間4人の時は使うか悩ましいです。暇があれば使う感じでしょうか。スティックを装備できるのは僧侶、パラディン、スーパースター、踊り子なので、僧侶が使うことになるとおもいますが、そうそう暇でもないんですよね。

活命の杖で不沈後衛誕生

最大HPの50%回復+一定時間最大HP200増加という両手杖技。

ホップスティック

魔使や魔戦にとっては自分のHPが50%回復するのも地味に大きいですけど、HP+200ってすごいですよね。パラディンを超えます。大体のボスは実装時点でのプレイヤーのステータスを考慮して強さが設定されているので、後衛は攻撃一発でちょうど死ぬくらいのバランスになっていることが多いのですが、HPが200もプラスされればそれらを全部耐えます。死ににくくなって一番嬉しいのは賢者でしょう。2分に1回しか使えないむげんのさとりを死んで切らすことが少なくなれば、活躍の機会が増えそうです。

しかし魔使や賢者のHPが700~750とかってのが前提になってくると、僧侶は回復魔力を上げておく必要があるかもしれませんね。

盾は常にファランクス状態に

盾ガード率アップ+会心ガード+ダメージカット(ファランクスと同じ)の3つの効果がある盾スキル。

スポンサーリンク


コメントを書く