ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10極限攻略ブログ!

*

戦士弱体の続報!運営だよりで新情報が明らかに

      2017/10/14

 - アプデ情報


運営だよりにて、DQXTVでのディレクターさんの説明の補足となる開発・運営だより38号がが公開されました。

斜め読みで見つけた主な新情報は以下の3点です。

(1)真・やいばくだきのダメージダウン30%の対象が物理攻撃のみという情報がなくなる
(2)『くちべに』は男性キャラも付けられる →既出だったそうです
(3)ヘヴィチャージからズッシードへの上書きできない
(4)次回実装されるオノ武器は攻撃力が高い →追記

順番に見ていきます。

1.真・やいばくだきの効果

放送では「弱体効果が50%から30%のみとなり、物理攻撃にのみ適用になる」という旨の発言をしていましたが、それは違うようです。

呪文やブレスなどはダメージ軽減できなくなるのではなく、30%は軽減できるようです!

詳細解説:真やいばくだき弱体修正の詳細まとめ


2.男性キャラも口紅は付けられる

確かDQXTVでこの話はなかったような。あったらごめん。なんか当日一部で話題にはなっていましたね。

→追記:当日この話はあったそうです!

3.ヘヴィチャージからズッシードへの上書きできない

バージョン4からヘヴィチャージとズッシードの効果が変わります。ヘヴィチャージの効果が重さ2.5倍に強化され、ズッシードは1.5倍に弱体されます。で、ヘヴィチャージ状態の人にズッシードをしても効果がないようです。当然と言えば当然で、きせきの雨の最中にいやしの雨をしても効果がない、みたいな感じなのでしょう。

パラディンは自分でヘヴィチャージしないと行けないから、壊滅状態からの立て直しが大変になるケースはあるかもしれませんね。

4.(追記)次回実装されるオノ武器は攻撃力が高い

もう1個新情報ありました。バージョン4.0で実装される新武器では、両手剣とオノの攻撃力の差が縮まるそうです。

現在両手剣のアスカロンが攻撃力180で、オノのヘカトンケイルが168。確かに差が付いてます。おそらく新オノは、ヘカトンケイルと比べてかなり強いものが実装されると思われます。

 

それにしても、真やいばくだきが物理攻撃以外も30%軽減してくれるのなら良かったです。

スポンサーリンク

みんなのコメント
  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 21:20

    ん?
    物理、ブレス、呪文など全てと最初に言ってるのに、後のはブレスと呪文のみを指して言ってるから、ブレスと呪文はダメージダウンしないってことじゃないの?
    それにただ50から30になるだけなら
    真やいばくだきのダメージダウン効果を50から30に弱体します
    だけでいいだろうし


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 21:44

    男性口紅はDQXTVでも同様の発言してましたよ。
    真やいばは物理限定と発言してましたね。


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 21:55

    真やいばのダメージダウンの性能がダウンした(物理にしか効果発揮しなくなった)ので、ブレスや呪文は以前の真やいばを使った時よりダメージを受けます(軽減されないからね)ってことでは?

    正直文章能力があまり高くないとは思った…ちょっと分かりにくい


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 21:55

    これってブレスとか呪文軽減するのか?

    ちょっと日本語難しいな


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 22:08

    斧って、全体の(過去武器ふくめ)攻撃力を見直すようなニュアンスに聞こえたけども。


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 22:18

    僧侶が更新できないのは相当パラはきつい
    常闇のようなハイエンドコンテンツでパラが押さなきゃいけない敵だとしたら相当責任、重みがありますね
    そうなるとターンの空きが結構必要でレグなどでは基本的にMP回復はパラがやってたけど、僧侶に任せることになりそう


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/13(金) 22:25

    最低。安西先生もダメなのか。


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/14(土) 00:43

    「真・やいばくだき」には「与ダメージ減少」と「ヘナトス」2段階の両方が入る。
    今まで「与ダメージ減少」は与えるダメージのすべて(物理攻撃、呪文、ブレス、固定ダーメジ)を50%ダウンしていたのが、物理攻撃のみ対象になり、かつ30%ダウンになる。
    逆に「ヘナトス」は強化されるため物理攻撃に関してはそんなに変わらない。

    問題の「これにより呪文やブレスなどに関してはダメージダウンの性能ダウンにより以前よりダメージを受けます」
    この文は以下のように解釈され、矛盾はないかと。

    「「真・やいばくだき」は物理攻撃のみ対象になり、かつ30%ダウンになるので、与えるダメージのすべて(物理攻撃、呪文、ブレス、固定ダーメジ)を50%ダウンしていた時と比べて、呪文もブレスも固定ダーメジも受けるようになる。」


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/14(土) 00:45

    文化祭での説明だと、呪文、ブレスの軽減には効果なしだった気がするんだけど。
    物理攻撃のみ30%減されるって話だと、認識したんだけど


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/14(土) 04:15

    ダメージダウンの性能ダウン、の意味するところが上のパネルに書かれてる通りならブレスも魔法も30パーセントはダウンするんだろけど、DQTVで言ってたような性能ダウンのことなら、やっぱりブレスと魔法はダメージダウンないんだろうね
    これについては問い合わせが多く言ってそうだから、追記が来るんじゃないでしょうか


  • ドラクエ10大好きさん より: 2017/10/14(土) 12:39

    >パラディンは自分でヘヴィチャージしないと行けない

    レグナードを例に挙げると、各自で重さのチェックが必要となりますが、
    ヘヴィチャージ時の重さが2.5倍となることから
    ズッシード時に拮抗、ヘヴィチャージに押勝~完封、あたりのパラが多くなるはずです。

    いわゆる「咆哮相撲」は拮抗時に有効で、押勝以上では無効となるため、
    レグの残HP50%未満の際はヘヴィチャージで押勝以上にせず、
    ズッシードにより拮抗状態を作るという重さの戦略的選択という余地が残る可能性もあります。

    また、敵と自キャラとの重さの差が大きい程、するりと抜けやすくなるタイプの敵もおり、
    戦略的に拮抗に留めた方が敵と自キャラとの摩擦性が高く抜けにくくなるようです。
    極限サイトや重さチェッカーでは摩擦性は具体的数値的な考察には未着手のようなので、
    概念化が望まれます。

    このように、ヘヴィチャージの使用は必須ではなく状況により使い分ける余地が残ることになると予想します。

    なお、不動のかまえについて、
    ・重さ2倍のままなのか
    ・ズッシードによる上書きはあるのか
    の二点については情報が発表されませんでした。
    もし重さ2倍のままでズッシードによる上書きがあるのなら、
    重さの戦略的選択の幅が広まるかも知れません。


コメントを書く